職場におけるあらゆる節約対策について

職場における節電について、まずは電気の付けっ放しを抑制することです。

こまめに電気は消すようにしていますが、共用の場所においても電気がついていたら節約するようにしています。

ただ、その意識においては職場のみんなは決して高いとは言えません。

最近では廊下の電気はセンサーでついたら消えたりするようになっており、システム自体が節電するようになっています。ISO規格を取得した際にコンサルに相談して導入します。

またゴミにおいては、第一に分別です。リサイクルできるものはリサイクルし、必ず分別を行う必要があります。

紙の無駄使いにおいては、印刷失敗したプリントは保管し、裏面への印刷、もしくはメモ用紙として利用しています。

仕事柄、事務作業も多くあるので、用紙の失敗は多々あります。ただ、必ず再利用には心掛けています。

これからの節約対策について考えるべき点は、電気、特にエアコンです。

設定温度は職場で決められているため、その設定温度を遵守し、部屋を出るときにはこまめに消すなどの企業努力をする必要があると思います。