電気やゴミ、紙の根っこの考え方を変える事で、様々な節約効果が波及して行きました。

うちの会社の節約対策は、各部署の議題として、話し合い決めました。まずはここが大切だなと今では思っています。会社の重要課題を話し合う場で、節約についてを話し合う事で、結果として、他のコスト意識も変わってきました。

 

そんな中でゴミに関心ましては、私の会社は広告関連の会社なので、とにかく紙のゴミの量がハンパ無く多いです。なので、お客様にお渡しするプリントは普通にプリントするするのですが、社内で完結するプリントは、一度使用したプリント用紙をプリンターにセットして、裏面を使う様にしています。

 

紙ゴミは、シュレッターが基本ですが、そこに頼るだけでなく、捨てる時は、四つ折りにして捨てる様に義務づけています。そうする事で、通常は2日で満杯になるゴミ袋も1週間持ちます。労働安全衛生マネジメントシステムの対応セミナーの必要性を感じました。

 

電気もパソコンを多用する業界なのですが、15時を軸に、今日は使わないパソコンをメンバーに確認して、使わないパソコンの電源OFFと使わない照明を弱めています。

 

出来るだけではなく、決定事項にする事で、意識もしますし、その意識は、通常の仕事にも必ずフィードバックします。現に残業時間も大幅に短縮されました。会議をし、決定事項にした事は、対策としては有効なのだなと感じました。