環境問題の目安としてのISO規格

ISOの中でもISO14000と言われるものが環境問題とかかわりが大きいといえます。環境問題の意識の高まりの中で国際規格として発生しました。一般的には企業や組織、団体が環境問題にきちんと取り組んでいるということを示す目安としての役割が大きく、ISO規格を認められ取得した企業や組織、団体はアピールの材料の一つとなっています。

 

これは絶対的なお墨付きや内容を保証するものではなくあくまで自主規制や自主管理を促す役割が大きいといえます。ただ規格があることによって取り組みもそれに基づいて実施できるということもあり、企業なども積極的に取り組むことによってイメージアップや社内意識の向上にもつながり、教育の一環としても組み込みやすくなるといえます。

 

ISO規格が認証されるには取り組みや事務手続きなど経費もそれなりにかかることから経営も良好でなければ取り組めないことから、環境配慮以上のアピール要素があると考える企業もあると考えられます。

カテゴリー: 環境ISO パーマリンク