商品企画部門での紙・ゴミ・電気の節約方法

ISO 14001取得を目指して対応セミナーにも積極的に参加する医療用品メーカーでの商品企画部門で、アイデア出しからデザイン制作をして商品化するまでの節約方法がいくつかあります。
まず、紙の節約方法はアイデア出しの際などの簡単なメモは裏紙を使用します。また、商品のラフイメージを形にするときの型紙も裏紙を使っています。その時は、普通のコピー用紙では柔らか過ぎるので不要となったカレンダーを使って作ります。得意先からいくつもカレンダーをもらうので、従業員にも配りきれず余ったものはストックして使うようにしています。
次に、ゴミについてですがダンボールや再生出来る紙類はためておいて、リサイクルセンターに持ち込んでいます。そのリサイクルセンターでポイントが貯まると商品券との引き換えが可能なので、少しでも節約出来るようにしています。
最後に節電方法ですが、エアコンの設定温度に気をつけたり、ノー残業デーを設けることで電気の使用量を少しでも減らそうという取り組みをしています。

カテゴリー: 未分類 パーマリンク